宅配プリントは、お客様が作成された本、冊子のデータを元に、必要部数を印刷製本。手書き原稿より制作編集も。

ホーム > 印刷原稿・データ > データ作成の注意点

データ作成の注意点

資料請求はこちら
「本のつくり方がわかる本」進呈

全ソフトフェア共通の注意点です。

すべてご確認いただければ、ご入稿後、スムーズに印刷工程へ進むことができます。

※注意事項をクリックすると、詳しい解説をご覧いただけます。

入稿データは、以下のような状態が理想的です。

表紙.doc 本文.doc 背表紙.doc カバー.doc

なお、本文のファイルが複数に分かれている場合は、
ファイル名の先頭に「01」「02」と順番になる番号を付けてください。
(例:「01:目次」「02:まえがき」「03:本文第1章」「04:本文第2章」…)

DynaFont製のTrue Type フォント(トゥルータイプフォント)は出力時に文字抜け、文字化けなどが起こりますので、使用しないでください。

Open Type フォント(オープンタイプフォント)は問題なくご使用いただけます。

アウトライン処理をしている場合は、ダイナフォントでも問題なくご使用いただけます。

背表紙のデータはワードなどでご用意ください。背幅は、担当者がお知らせします。

※ページ数が少ないと背文字が入りません、そのときは本文を片面印刷にしたり、厚い用紙を使用して背巾を広げます。(背表紙の印刷に別途料金はかかりません。)

背表紙データのイメージ

データ上に白紙ページを入れてください。

解像度は「使用する大きさで360dpi」が、印刷に最も適した数値です。

この数値より低くても印刷いただけますが、荒れた画質になることがございます。また、この数値よりも大幅に高い場合は、作業時にエラーを起こす恐れがございますので、できるだけお控えください。

マイクロソフトOfficeの「透過性」機能画面上で見えていましても、擬似的な表示のため印刷には反映されません。

塗りつぶし効果である「グラデーション」、「(図または)テクスチャ」、「パターン」は、画面上で擬似的に表現されるものであり、印刷結果に不具合をもたらします。

例えば、印刷ごとにパターンが変わる、抜け・モアレが生じる等が発生します。

ページ番号は、デザイン上つけない場合もございますので、ご自由に設定してください。

弊社にページ番号付加をご依頼される場合は、1ページあたり50円の付加代を申し受けております。

トンボが付いている状態でご入稿いただいた場合、お客様で削除いただき、再入稿いただくことになります。なお、表紙、背表紙、ウラ表紙、カバーにはトンボが付いていても構いません。

用紙の端まで印刷したい柄がある場合は、「塗り足し」が必要です。
塗り足しが無い場合は、用紙の端まで印刷することができません。



塗り足しの付け方(A5サイズの場合)

ワード以外の塗り足し例

前回送付データと混同しないように、ファイルの末尾に「訂正1」などと付けることをおすすめいたします。

修正データ以外は、再入稿の必要はございません。

PDFデータにされることをおすすめします。

PDFデータ作成の注意点のとおりに作成されていましたら、レイアウトの崩れや文字化けなどを起こす心配はございません。


対応ソフトフェアの注意点です。

ご使用のソフトウェア名をクリックすると、データ作成の注意点をご覧いただけます。

データソフトウェアバージョン対応OS
マイクロソフト Office ワード ワード(WIN)2007,2010,2013,2016
(MAC)X,2004,2008,2011
WIN/MAC
エクセル エクセル
パワーポイント パワーポイント
ジャストシステム 一太郎 一太郎 2016まで WIN
Adobe Illustrator Illustrator (WIN)CC2017まで
(MAC)CS6まで
WIN/MAC
Photoshop Photoshop
InDesign InDesign
Acrobat Acrobat (WIN)DCまで
(MAC)XIまで

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話番号
(フリーダイヤル)
0120-06-1917
FAX06-6975-0809
メールアドレスinfo@takuhaiprint.com