宅配プリントは、お客様が作成されたデータをもとに印刷、製本するサービスです。 会社概要お問い合わせサ イトマップ

  俳句集の写真 論文の写真 報告書の写真 自分史の写真
かんたん見積りはこちら 見本2回無料! 制作編集サービス 大阪ショールーム 東京ショールーム

印刷製本の事例カテゴリー

当社が実際にお作りした冊子の仕様・価格をご覧いただけます。
最新の事例は、「よくわかる製本(オーエム制作担当の日記)」でご確認できます。

  • 俳句集
  • 論文
  • 報告書
  • 記念誌
  • 絵本
  • 卒業アルバム
  • テキスト・問題集
  • マニュアル・説明書
  • ジャーナル誌
  • 自分史
  • 画集
  • 文集
  • 楽譜
  • 文芸誌・学術書
   
弊社実績
全国(北海道~沖縄県・小笠原諸島等の離島まで)の都道府県・市町村・大学・大学院・ 研究所・社団法人・財団法人・ロータリークラブ・小学校・中学校・高等学校・専門学校・ NPO法人・NGO法人・印刷会社・他業種の一般企業様など多くのお客様よりご注文を頂戴し、 納品させて頂きました。
また国内のみならず、印刷・製本した商品を海外へ発送した実績もございます。 (イギリス・アメリカ・フランス・アフリカ・韓国・モンゴル等)
さらに創業30有余年の弊社は、個人のお客様述べ数万人の方々の印刷・製本のお手伝いを 致しております。その中には本作りが初めてという方々も沢山いらっしゃいました。 初めての方でもフリーダイヤルやメール、東京・大阪のショールームをご活用いただき、 多くのお客様 よりお喜びのお声を頂戴しております。
企業・政府・特定非営利活動法人のお客さま

東京都多摩動物公園

全国の医師会

各地区ロータリークラブ

国際ロータリーガバナー事務所

海外の日本人学校

全国のNPO法人

各地ライオンズクラブ

全国社団法人・財団法人

全国各地宗教法人

全国の市町村

大学・研究所・学会・研究会のお客さま
想いをかたちに寫す
 本、書籍とは人間の考え、想念をあるメディアに移し、表現しそれを他の人々に伝えるためのものです。人類史上最初の本は、古代エジプトにおいてパピルスに書かれた死者の書といわれています。ローマ時代にはそのパピルスに様々な書類、書簡、本などが作られていました。東洋では主に木簡や竹簡に筆で文字を書き、束ね たものでした。西洋では、羊皮紙(羊の皮をなめしたもの)にペンで書き、丸めたものでした。エジプトではパピルスに文字を書いていました。
このように、より薄いものに書いておりましたが、紙という画期的なメディアが中国において発明され写経、経本などができ、それがシルクロードをつたい、西洋に渡り活版印刷の元となるグーデンベルグの活字印刷となりました。その印刷物はもちろん、キリスト教の聖書でした。
日本では、木簡、絹、和紙と発展し、活字をあまり活用せずに、写本から木版となり、江戸時代において最盛期を迎え明治時代まで引き継がれていきました。おそらく版木となる柔らかな木が大量にとれたからでしょう。
明治になり始めて本格的な活版印刷が西洋から導入され近代の印刷技術に大きな役割をはたしたところは皆様ご存知のことと思います。
近年、オフセット印刷(水と油の反発による)が盛んとなり、より近代的な印刷、製本ができ、多くの出版物が作られることとなりました。
今、現代では印刷技術的に言えば、オフセット印刷を中心とし、グラビア印刷(凹版)凸版印刷、デジタル印刷が行われております。この中で、デジタル印刷と他の印刷との違いは何でしょうか。実は従来の印刷には必ず版というものが必要でした。しかし、デジタル印刷には版が無いのです。この差は決定的なものです。それにより、コストが格段に低下したのです。
このデジタル印刷が何故できるようになったのか、それはコンピュータの発達が非常に大きな要素です。また、コンピュータが1人に1台づつというパーソナルなものになり各個人がその中に自分の考えを表現することができるようになりました。アウトプット(印刷)にはどのようなものがあるかというと、レーザープリンター、インクジェットプリンター、コピーと様々ありますが、とにかく、従来の方法とは全く違う技術により、格安で、美しく、早く、少部数を印刷できるようになりました。政府の公文書にもデジタル印刷方式の書類を耐久性のある文書と認定しております。
私たちは、皆様の想いを具体化するために、この最新のデジタル印刷技術を応用し、書店に並んでいる本、書籍とほとんど同じものを少部数(数冊から)制作し、納得される本をご提供しています。さらに、インターネットを活用し、連絡を密にし、全国どこからでも、皆様のご要望にお応えしております。印刷、製本見本は2回まで無料ですので、ご納得の上、本印刷にかかっております。
また、パソコン(ワード)での作成がお客様の方でやりにくい場合は当社で編集制作も承っております。従来の制作料と違い、パソコンにてより安く、編集できるようになっています。
報告書、論文、俳句集、短歌集、自分史、私家本、小説等の印刷、製本は最も得意としております。より美しく、安く、早くをモットーにお客様とともに本を作って参りたいと思っておりますので、お気軽にご連絡下さいますようお願い申し上げます。
本・書籍の印刷、製本方法について
  当社では、印刷方法をハイグレードスタ ンダードエコノミーと3通りのタイプをご用意しております。
 ハイグレードタイプは最高級の精度をほこっています。写真・文字ともに「きれ」があり、にリアルな表現が可能です。文字・写真は他のタイプより細かくなります。これは高精細非常な印刷ができている証拠です。用途は、記念誌(写真が多い)、句集、自分史、販売するための冊子、絵本等に適しています。
 スタンダードタイプは、網点の表現力が素晴らしい(モノクロ・カラー)印刷タイプです。写真の表現も美しいため、報告書、論文、句集などの印刷にお勧めです。文字の印刷は、細かく美しい印字が可能です。ページが多い場合などは、スタンダードタイプがおすすめです。
 エコノミータイプは、圧倒的なコストパフォーマンスですが、文字やグラフなどの表現に関しましては、他のタイプとひけをとりません。ページが多く、冊数も多い場合に最も強みを発揮します。
どのタイプも、上質紙(70kg、90kg、110kg)、書籍用紙(72kg、90kg)、コート紙(90kg、110kg)、マットコート紙(90kg、110kg)とほとんどの本文用紙に対応しておりますので、用途に合わせてお選びいただけます。
以上のようにお客様の選択肢がたくさんありますので、目的に応じたお選びができるようになっております。
また、製本につきましては、無線綴じ(あじろ)製本、中綴じ製本、フランス製本、上製本(ハードカバー)があります。 無線綴じ製本は一般の書店で文庫本、テキスト本と同じ形式です。中綴じ製本は、中にホッチキスで止めるような、週刊誌と同じ形式です。フランス製本は、無線綴じと同じですが、表紙が深く折れまがっている型式です。上製本(ハードカバー)は、単行本のような型です。一般的には記念誌等によく使われています。表紙の用紙につきましては、レザック、マーメイド、コート紙、マットコート紙、色上質紙など様々取り揃えております。
その他、ご希望の用紙がある場合、表紙カバーが必要な場合は別途ご指示下さい。 以上のように一般書店で並んでいる形態の本と同じ製本の方法を採っております。お客様のご希望どおりに仕上げていきますので、まずは資料請求でお確かめ下さ いませ。 
会社概要お問い合わせサイトマップ